8月の誕生石  − 夫婦の幸福 ・ 和合 −

ペリドット (Peridot / 橄欖石かんらんせき)

ペリドット,Peridot,橄欖石,かんらんせき

8月の誕生石の「ペリドット」 透き通った、明るい鮮やかな黄緑色が特徴の宝石です。

鉱物名としては、オリビン(Olivine)、和名はカンラン石と言い、 オリーブオイルのような色をしていることから、こう呼ばれたといわれています。

ペリドットは、かつて、“トパーズ(11月の誕生石)”と呼ばれていました。

紅海にある、小さな島「トパゾン」で採れたのでトパーズと呼ばれましたが、 後にこの宝石は、トパーズではなく、ペリドットであることがわかりました。

トパゾン島と思われる島は、現在、ゼベルゲット島とかセントジョン島というらしいのだが その島では、ペリドットは採れるが、トパーズが採れたことはないという。

それから、古代ローマの博物学者プリニウスの著書「博物誌」のなかで、 トパーズと呼ばれていたその石が、鉄ヤスリで磨くことができると書かれている。

しかし、トパーズは硬く、鉄のヤスリでは削れることはなく、 ペリドットなら、鉄のヤスリでも磨くことができる。 これらのことから、かつてトパーズといわれていた宝石は、 実はペリドットであったということがわかったのである。

ペリドットの魅力は、鮮やかな黄緑色とともに、 薄暗い中、わずかな照明の下でも魅力的な輝きを放つという性質。

そんなことから“イブニングエメラルド”との呼び名も与えられました。

価格も手ごろなため、若い女性に、好まれている宝石です。

ペリドット の癒しパワー

心:
  • 自分の過ちを素直に受け入れるようにサポートしてくれます。
  • 自己責任を促し、自分を見つめなおすときに威力を発揮します。
 

スポンサードリンク