8月の誕生石  − 夫婦の幸福 ・ 和合 −

サードニクス (Sardonyx / 紅縞瑪瑙べにしまめのう)

サードニクス,Sardonyx,紅縞瑪瑙,べにしまめのう

もうひとつの8月の誕生石は、「サードニクス

「赤と白の縞模様の“めのう”」のことをサードニクスと呼びます。

水晶と同じ“石英(せきえい)”という鉱物で、この石英の結晶が集まって 塊になったものを玉髄(ぎょくずい)といいます。

玉髄のなかでも、きれいな色で、縞模様になっているものを 「アゲート(めのう)」と呼びます。

水晶と同じ石英なので、原石の中心の空洞部分には、水晶の結晶が形成 されているケースも多く見られます。

また、めのうを漢字で“瑪瑙”と書きますが、馬の脳ミソに似ていることから名がつきました。

めのうは、宝石というよりは、飾り石というイメージも強く、 どこかの玄関先や床の間などで、半分にカットされ、カット面がきれいに磨かれた 縞模様の石の置物を見たことはないだろうか。

装飾品としては、「カメオ」が有名である。
カメオって、貝じゃないの? と、思う方も多いと思いますが、 もともとは、めのうの縞模様の色の層を利用して彫刻を施し、浮き彫りにしたものです。

もちろん宝石として、リングやネックレスといった装身具にもなっています。

上で「アゲート」という呼び名が出ていますが、めのうは色によって呼び方が異なります。

  サードニクス   : 赤と白の縞模様
  イエローアゲート : 黄の縞模様
  グリーンアゲート : 緑の縞模様
  ブラックオニキス : 縞模様の有無に関係なく黒いもの
  モスアゲート    : 苔状や草木状の模様
  ファンシーアゲート: その他の色のものの総称

このように「サードニクス」とは、赤と白の縞模様の“めのう”のことを言います。

サードニクス の癒しパワー

身体:
  • 耳鳴り、内耳の疾患、突発性聴力障害のさまざまな症状を緩和するといわれています。
  • 平衡感覚を高め、運動神経や感覚神経の機能をサポートします。
  • 動脈硬化や静脈瘤の原因となる、うっ血を解消します。
 
心:
  • 自己意識と現実感をささえます。
  • 精神的な強さを与えて、落胆や絶望感、抑鬱などから身を守ります。
 

スポンサードリンク