12月の誕生石  − 成功を保証する −

ラピスラズリ (Lapis-Lazuli / 青金石せいきんせき)

ラピスラズリ,Lapis-Lazuli,青金石,せいきんせき

もうひとつの12月の誕生石は、深い青が印象的な「ラピスラズリ

ターコイズが冬の晴れわたった空の色なら、 ラピスラズリは冬の澄んだ夜空というところだろうか。

和名は、青金石(せいきんせき)、または 瑠璃(るり)とも呼ばれています。

“ラピス”はラテン語で「石」、“ラズリ”はアラビア語で「濃青」という意味。 つまり、ラピスラズリは「青い石」ということです。
なぜ、ラテン語とアラビア語が混ざっているのかはわかりませんが。

ラピスラズリの歴史は古く、古代エジプトの王ツタンカーメンの“黄金のマスク”の たくさんの青いストライプは、ラピスラズリが使われています。

シルクロードを通って日本にも運ばれ、瑠璃(るり)という名で、 仏教の七宝のひとつにもなっています。

また、中世の絵画の世界では、顔料として用いられ、ウルトラマリンという色名でした。 日本画では、群青色(ぐんじょういろ)と呼ばれていました。

ラピスラズリは、ひとつの鉱物ではなく、いろいろな鉱物が混ざり合って ひとつの塊りになっています。

ラズライトを中心として、ソーダライト、アウィン、ノーゼライト、 という鉱物で構成され、さらに、カルサイトによる白いすじ模様や、 パイライトによる金色の斑点が混入されています。

ラピスラズリは、いろいろな鉱物が混ざっているので、色が一様ではなく、 青色が均一なものほど評価は高くなります。

しかし、パイライトによる金色の斑点模様の美しいものは、 さらに評価は高く、最高とされています。

ラピスラズリ の癒しパワー

身体:
  • 喉、鼻、耳に効果が高く、風邪、しわがれ声を緩和します。
  • 湿疹、吹き出物など、皮膚病にもかなりの効果があります。
  • 神経痛、頭痛、虫さされや、日焼けの痛みも緩和します。
  • その他、ホルモン周期の調整、血圧の低下させる。
 
心:
  • 思考を明晰にして、客観的に物事を見る力があり「真実の石」といわれています。
  • 愛情、保護、暖かさをサポートし、友情やパートナーシップにも理想の石です。
 

スポンサードリンク